タブレットPCの鉄板アプリ「ドロップトーク」の大幅バージョンアップが5月9日にリリースとの事


iOS用のコミュニケーションアプリといえばトーキングエイドなどもありますが、プラットフォームを制限せず、様々な媒体で操作出来るといえばドロップトークですね。

これのiOS番が大幅にバージョンアップとの事です。

こちらに動画が載せられていますが、これを見るとコミュニケーションアプリというよりも教材としての使い方が期待出来ますね。

といってもこれの開発には文部科学省のこの予算が使われていますので

教材としての側面はとてもありがたいです。

夏には、佐賀県でWindowsタブレットの研修会をやるので、そのときまでにWindows版が出てくれるとありがたいなぁ。紹介出来るので。