プログラミング学習に使っているアプリについて

昨日はこちらの成果発表会でした。

総務省「「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に係る成果発表会 開催案内(沖縄エリア)」
以前もご案内した総務省のこの事業 これの成果発表会が来年の1月12日に開かれます。 「若年層に対する...

よくもまあこんな短期間にできたなぁという感想ですが、中心として頑張ってくれた八重山特支の戸ヶ瀬さん、八重山商工の松島さん、そして八重山商工の生徒さんがいたからこそだと思います。

さて、この事業では

micro:bitとViscuitというのを使いました。どちらもWebベースでインターネットにつなげながら利用するものですが

コンピュータは粘土だ!!

iPadのアプリがあってそれからプログラムを組むこともできます。

ダウンロードはこちらより

「micro:bit」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。micro:bitをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。
「viscuit」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。viscuitをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

また、メンター講習ではScratchというのを使いましたが、これもiPadアプリがあります。

「ScratchJr」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。ScratchJrをダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

とくにVISCUITとScratchjrはインターネット環境が揃っていればすぐにはじめられますのでお試しで使ってみることをおすすめします。

習うより慣れろですかね。