iPad関連書籍10選

1.決定版!特別支援教育のためのタブレット活用

本当は発売されています「決定版!特別支援教育のためのタブレット活用」
先日ご紹介した、この本ですが すでに8月1日は過ぎていますが、まだジアース教育新社のサイトには情報が載せられておりませ...

2.〔実践〕特別支援教育とAT(アシスティブテクノロジー)

【ATって何?困難さを支援する技術の使い方がわかります】「障害による物理的な操作上の困難や障壁(バリア)を、機器を工夫することによって支援しようという考え方」であるAT(アシスティブテクノロジー)をより広く知ってもらい、活用していくためのAT入門書。環境整備としての支援技術を実践とともに紹介しています。(金森 克浩 編...
【タブレットPC・スマホを有効活用して子どもを支援】急速に普及が進み、誰にとっても便利な機器である携帯情報端末を、特別支援教育において有効に使うための活用の意義やコツを実践とともに紹介しています。入門書として、広くAT(アシスティブテクノロジー)を紹介した第1集に続く第2集となります。(金森 克浩 編集代表)
【学習のユニバーサルデザインにATを活用しよう】目が見えづらかったらメガネをかけるように、学習や生活上の困難を支える支援機器を使ってみませんか。第3集では、教室で学びにくさを感じている子どもたちをはじめ、どの子にも有効な教材をローテク(紙教材)からハイテク(ICT機器)まで数多く紹介しています。(金森 克浩 他 編)
【「合理的配慮」を支えるための支援技術はコレ!】目が見えづらかったらメガネをかけるように、学習や生活上の困難を支える支援機器を使ってみませんか。第4集では、インクルーシブ教育時代に求められる「合理的配慮」を支えるための支援技術について具体的に紹介しています。巻頭インタビューは当事者・井上智さん。(金森 克浩 編集代表)
【<視覚支援>で子どもがグッとわかる!伝え方】「視覚支援」を特集しました。視覚支援には、言葉で提示するだけでなく視覚的な情報を添える支援(自閉症のある子などに有効)と逆に視覚障害など視覚情報が入りにくい場合に別の方法で拡大したり代替したりする支援があります。巻頭インタビューは当事者・神山忠さん。(金森 克浩 編集代表)
【最新テクノロジーにのせて、わたしの思いを伝えよう!】AAC―拡大代替コミュニケーションとは、障害があっても、その人に残された能力とテクノロジーの力で自分の意思を相手に伝える技法のことを言います。本号では、知的障害と肢体不自由を併せ有する障害の重い子どもへのそんなコミュニケーション支援を特集しました。(金森 克浩 編集...
【最新テクノロジーにのせて、わたしの思いを伝えよう!】動画や音声を出すことができるコンピュータは、知的障害のある子どもの理解を助けます。シンボルの選択でコミュニケーションをはかることもできます。そんなICT機器活用について特集しました。障害の重い子どもたちの世界を変える!最新機器もミニ特集しています。(金森 克浩 編集...

3.肢体不自由児のためのタブレットPCの活用

肢体不自由児のためのタブレットPCの活用
肢体不自由児協会が発行した「肢体不自由児のためのタブレットPCの活用」のサポートページです。 本誌に掲載していたアプリや便利サイトのリ...

4.学校でのICT利用による読み書き支援 合理的配慮のための具体的な実践

発売されたみたい「学校でのICT利用による読み書き支援  合理的配慮のための具体的な実践」
先日ご紹介したこの本ですが Facebookの障害者関係appの広場からの情報によると発売されたようです。 ...

5.マジカルトイボックスの 教材&アイデア100連発 障がいの重い子の「わかる」「できる」みんなで「楽しめる」

マジカルトイボックスの新刊「教材100連発」はこちらで先行予約受付中
「教材100連発」ですが,スペース96のWebに掲載されました。 今なら 発売記念特価 2013年8月31日まで 1,575円 → 1,...

6.タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育

「書籍」タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育	 学習につまずきのある子どもたちの可能性を引き出し、未来の子どもを育てる
中邑賢龍さんと近藤武夫さんの特別支援教育でのATに関する決定版ともいえる本が出ましたね。 タブレットPC・スマホ時代の子どもの教育 学習につ...

7.AAC入門

書籍『AAC入門 コミュニケーションに困難を抱える人とのコミュニケーションの技法』
先日ご紹介したオススメ書籍の中でもバイブルとも言えるようなAAC入門 これの改訂版がつい最近出たようです。 書籍『AAC入門 コミュニケ...

8.学校の中のハイブリッドキッズたち

-魔法のプロジェクトを通して見えたICTと子どもの能力・教育の未来-タブレットなどのモバイル端末を使った、多様な学びの可能性とこれからの教育の方向性を示す。 学習困難を抱える子どもたちの社会参加の機会促進を目指し、携帯情報端末の

9.読み書き障害のある子どもへのサポートQ&A

読みに困難のある子どもに関わる人はみなさん読んで欲しい「読み書き障害のある子どもへのサポートQ&A」
読みに困難のある子どもに関わる人ということは,実は学校の先生ならどの先生も関わっているはず。 つまり,学校の先生ならばすべての先生に読んでも...

10.魔法のプロジェクト研究成果報告書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする